嘘はときには星降らす

from atelier anmo

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

春の一日  

216.jpg

さて、春である。

春なので町には入学生や新社会人の姿が多く見られ、
その初々しい後姿にはまだ緊張感が残っており、

「ああ、自分もこんな時期があったなあ」

なんて昔の自分にと重ねてみようとするのだけれど、

そういえば自分はどんなだったかな?
と深刻に覚えていないことに気づき、

そう思いながら道を歩いていると
近所の肉屋があるものだから、

何気なく覗いてみるといつも食いなれたコロッケが
増税の影響なのか値上げされていることに気付いたので

なんとなく興ざめしてしまい、
気色が全く持ってよろしくない。



自分は幼稚園が大の苦手で、
よく脱走したことは覚えているのだけれど

幼稚園から約二キロほど離れた自宅に
若干五歳がたどり着けるわけがなく

道はわかるものの不安や緊張で
歩く気力をなくし

ほぼ迷子の状態になり、
その場に座り込み泣き、

そこいらの金物屋だか八百屋のおじいにつかまり
車に乗せられ幼稚園へ送還される

という、
世間様にとって非常に迷惑極まりない行為を
頻繁にしていたなあ、

と思い出すと、
急に恥ずかしくなり、

喉の奥をうーうーうー、とならしてみたり、
太ももをパーカッションのようにしてたたきながら歩いていると

向かいから歩いてくるベビーカーをひいた奥方が
怪訝な顔でこちらを見ているので

そういえば最近不審者が出没している
という情報を耳にしたのをふっと思い出し、

このままでは完全に僕がそんな感じに思われてしまうこと必至
困った事態になってしまったのだが、

ここまで接近しておいてこの行為をやめることそれ自体
自分の行為を自覚しているたちの悪い輩だと思われてしまい、
それはそれで非常に心苦しいので、

急にそれをやめるわけではなく
「別に周りのことなんか全然気にしていないよ」

というムードを放ちながら

できるだけ自然に喉の鳴らしと
腿をたたくボリュームだけを

おさえるようにして歩いてみたところ
案外これがしっくりきたので、

このまますれ違おうとしたら
その女性はだいぶ僕から距離をおくようにして
すれ違ったので

やっぱりまずかったかのかな?
と急に不安な気持ちになり、

ほどなくして、どちらもやめることにしたのだけど、
結局辞めるならすれ違うまえにやめておけばよかった

など後悔していたのだが、あんまり意味もないだろうと思い
また先を行くことにした。

数十メートル先には新入生と思われる小さい男の子が
歩いてきたので、できるだけ普通のおっさんを演じようと

普通に歩いていたのに、
なぜか子供が逃げるように走って行ったのは気のせいだろうか?


さて、そんなさわやかな日々の中、次の演奏が決まりました、
場所は葉山の森戸神社前あるp&g。

騙されたと思ってここのサンドイッチを食べてほしい、
そのくらいおすすめの、お気にいりの場所である。

IMG_0001.jpg

葉山芸術祭 → 朝の会 & 俳句会 at p&g


-- 朝の会 --

the yetis LIVE

the yetis HP

start 10:30 AM (お店は8:00よりopen)

入場無料(投げ銭制)

*1drinkのオーダーをお願いします


-- 俳句会 --

start 13:00~

参加無料

筆記用具持参(持っている方は歳時記など)

ライブ終了後、俳句会を開催します。
参加される方は15:00くらいまでに俳句を三句作ってもらい、

作品は葉山芸術祭会期中に p&g と DAYS386 にて無記名で展示をします。

一般のお客様に期間中投票してもらい、
最終日に開票し優秀句を決定し、結果は各店とthe yetis HPにて発表します。



皆さま、こぞってご参加ください!





category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieranmo.blog.fc2.com/tb.php/31-1eff8ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。