嘘はときには星降らす

from atelier anmo

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

すばらしい日々  

036.jpg


あたたかい人々がこんなにもいるのか、と
嬉しさと、感動でいっぱいである。

なにが?

ちょっとまって、ちょっとまって。順番に話すので。

ていうのも、じつはぼくたちthe yetisは
先日ファーストアルバム

「わたしのアルプス」

が完成、発売したわけなのだけれど、
それに伴い、大阪→京都ツアーを行うことができました。
そのツアーっていうのも自分たちで成し得たわけではないっていうか
いろんな人に助けてもらったから成功したわけで
その感謝の気持ちって言ったらこれ相当なものなわけで、

で、嬉しさと感動でいっぱい、こういうことである。

うまく説明できるかわからないけれど、
今回のツアーを行うにあたり、お世話になった方を
少しだけでも紹介できればと思っています。



今回、ツアーを回るにあたり、三か所も場所を用意してくれたEDANEさん


EDANE HP

今ちょうどNEXT DOOR 光と風と音のミームというイベントを開催しています。
僕らはその中でライブすることができたのだけど、
圧倒的なセンスで空間を作っており、息をのんでしまいます。
素敵な人には素敵な人が集まります。
この場所はその大切さをこっそり教えてくれるような、そんな気がしてなりません。
未熟な僕らに、貴重な機会をくだすったこと、本当に感謝しています、ありがとうございます。
俳句にも興味を持ってくれているので、次回は俳句がらみで、なんて勝手に想像しています。



EDANEでライブした際、音とともに香りの演出をしてくれたWELTさん
WELT HP

その場で香りを広げて、その香りを僕らが音で表現していく
お互い初めての試みですごく緊張したけれど、
終わったあとにユキンコ先生(WELTさん)の香りの説明が僕らのイメージしたものとぴったりで、
空間を共有しながらシンクロできた気がしました。
ゆきんこ先生ありがとう、香りは今日も大事に大事に我が家に広がっています。



光と風と音のミームでnomimonoyaとしてドリンクを担当したogawa junichiくん。


Junichi Ogawa HP

何時も素敵な出会いを、光に満ちた道を見せてくれるお友達です。
ogawaくんは自身で手がけたスピリット&ライフマガジンMEME(おすすめの一冊です)
を販売もしました。
ふだんは鎌倉山のyama no atelier でリーディングというお仕事をしています。
こういうイベントではnomimonoyaとして活動したり、
一つ一つを丁寧に、日々を鮮やかに過ごしています。
今回、EDANEさんとのつながりを作ってくれたり、
oagawaくん抜きではこのツアーもなかったことと思います。
ありがとうね。



素敵な人が集まり過ぎて、意味がわからないSeing Table Coffeeさん。


Sewing Table Coffee HP

ボーカルの山田がずっと前に言っていた。
「こんなところでライブしたい。」

こんなに早くに夢がかなってしまっていいのだろうか?
もういいっしょ、いいっしょ。
大阪の星が丘の町なかなのに山小屋にいるような、
玉井夫妻がお送りするこの場所はサイフォンでいれた美味しい珈琲がいただけます。
初めていった場所なのに、「ただいま」といいたくなる温かい空気が漂う空間です。
玉井恵美子さんが手がけるお洋服
SO SEAは今一番ほしい服でもあります。
SewingTableCoffeeの十年の記録、
二人がこさえた本「貝殻となり」をよんで涙が出てしまった。
サイン本は家宝として大切にします。
また行きますからね、遊んでくださいね。



わたしのアルプスツアーの切り絵を作ってくれた切り絵作家のodoさん。

Seing Table Coffeeにはいったら、見たことないような山の切り絵が。
下手したらぼくらよりこの人たちはアルプスの準備をしてくれてるんじゃなかろうか
と思ってしまった。
Seing Table Coffeeのおどおど担当ととんちんかんな一面があるものの、
odoさんの作る切り絵のアルプスには山の険しさも優しさも、魅力を失わない壮大さがある。
すげー人ってたくさんいるんだなあ、とも思った。

入口に飾ってあったツアー用の切り絵も僕と山田が購入したものも
一生の宝物になることでしょう。
odoさんの作品もっと見てみたい。。



アルプスケーキをつくってくれたAOさん。

AO HP

山の形をしたケーキにはほんのり粉砂糖で雪が積もっており、ふっくら柔らかく、
優しい甘さが広がった。

めっちゃうまいよ。

そして、ケーキの包みには、AOさん自作の詩「わたしのアルプス」がはいっていた。
息をのんでしまった。

以前山小屋で働いていたという彼女の詩は
一歩一歩登り進めていく山そのもので、力強かった。
同じ詩を作る人間として、こんなにも違った視点で詩が書けるんだなと思うとわくわくした。
僕の作った「私のアルプス」の演奏前にこの詩を山田が読む。
そうすると、一人一人の胸の中に、たくさんの山々がそびえるように描かれる。
みんながつくるアルプスに感動してしまった。



三日目の会場としてやらせていただいたアトリエ&ギャラリーe.n.sさん


e.n.s HP

約百年前に建てられたというアトリエはただただかっこいい。
オーナーのkawai arisaさんの作る作品は、植物の持つ自然の力を感じさせる魅力的なものばかり。
山田が購入した珊瑚のピアスもすごく素敵で、本人鏡の前でにやにやしています。
一度も会ったこともない僕たちに、こころよく大切な場所を使わせてもらいました
本当にありがとうござました!




わたしのアルプス製作のデザインをしてくれたsunshine to you!

sunshine to you! HP

今回のCDのデザインと盤面のイラストをかいてくれた木原佐知子さん(さっちん)。
僕らのわがままをいろいろと聞いてくれて、本当に良きCDができあがりました。
みなさまにもぜひCD盤面のイラストをみてほしいです。
僕らがイメージした山がそこにそびえ立っています。

そして、2/11 (tue holiday)には埼玉の東川口にあるsenkiya内にあるsunshine to you!のatelier&shopで
the yetisのライブを行います。

「春、わたしのカタチ」
2/11 16:30- ¥1500
〒333-0823 埼玉県川口市石神715 senkiya内
お問い合わせ / 048-299-4750 (senkiyaと共通) 
info@sunshine-to-you.com

この場所で活動するのは3/2までで、それからはなんとアトリエを葉山に移すことになります。
超近所になって、これからのからみがますます愉しくなりそうです。


もはやこれなんのブログ?という感じになってしまいました。
ぼくもよくわかりません。

ただ、この旅を終えて、CDにかかわってくれた方
ツアーに協力してくれた方、
そしてライブに来て下すった方々に感謝の気持ちを込めて、

本当にありがとうございました!


the yetisはこれからもがんばってまいりますので
どうぞよろしくお願いいたします!



the yetis HP


草々

category: 日々の事

tb: 0   cm: 1

コメント

毎度

おーす
相変わらず馬鹿か?

来月頭とーちゃん遊びにくるってよ。あんたひまけ?
川崎くんだりまであそびにおいで〜。

URL | たかふみ #-
2014/02/28 22:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieranmo.blog.fc2.com/tb.php/29-b5be0b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。