嘘はときには星降らす

from atelier anmo

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

親子であること  

IMG_0016.jpg


先日のことである。
父親から着信が三件も残っており、

とうとうお袋でもぶっ倒れたか
と思い、かけなおしたところ、

「おー、薫、どうしたの?」
「いやいや、着信が三件もあったから、こっちがどうしたのだよ」
「あーあー、おとうさんねー、今ね、お酒いただいてまーす」
「あ、そう。ならいいんだけど、じゃあ、またね」
「あー、まって!まって!」

実にどうでもいい内容だったことと、
よくわからないけれど、ちょっとイラっとしたため
僕は電話を切った。

30分後にまた着信があり、

「何よ?」
「お父さんねー、今ねー、お酒飲んでまーす」
「それさっきも聞いたよ」
「あれ?本当?俺、電話したっけ?」

僕は電話を切った。

直後にも何度か親父から電話があったが
無視して出なかった。

その後また30分後に今度はお袋から電話があった。
お袋が酔っている親父のことを詫びるのかと思い電話に出ると

「もしもし?」
「おとうさんでーす、今ねー、、、」

僕は電話を切った。

その後、父の電話も、母の電話にも出なかった。


次の日、朝起きて電話機をみると留守番電話が三件。
再生すると親父の声で伝言が残されていた。


一件目
「かおるー、なんででんわでないんだー?」


二件目
「おとーさん、薫の声ききたいなー」


三件目
「、、、 馬鹿やろう」


ぼそりと罵声が聞こえ、伝言はブツ、と切れた。

酔っている親父の声は、
もはや怒っているのかふざけているのかもわからず、
朝一から後味の悪さだけが残った。


もともと僕のおやじは狂気じみたところがある。

以前、帰省した際、
茶の間に大中小のマサカリが並べてあったので

「これ、どうしたの?」

と訊くと、親父は満面の笑みで

「これいいべ。マサカリ。おとうさん、ずっとほしかったんだー」

マサカリ?ほしかった?なんで?と思っていると
親父はおもむろに小さいマサカリを取り出し、その日の新聞紙をしゅっと切ってみせた。
彼はマサカリをうっとりした目で眺め
僕に向かって「どう?」と問うた。

僕はぞっとしながら、「ああ、いいね」といった。


また、ある日。

狩猟用のパチンコが置いてあったことがある。
子どもが遊ぶようなかわいいやつではなく、
プロ用の、肘にひっかけて使う、ボーガンみたいなやつだ。
ああ、怖い、と思いながら親父に問うと

「これな、みてろ」

といって本気で外の雀を狙っていた。

僕も母もやめろというのをぜんぜん聞かず

「あっ!おしいなー」
と呟いていた。


そんな親父だが、

「薫はお父さんにそっくりだなー」

と、いっていたのが妙に気になって仕方がない、
そんな今日この頃である。


さてさて、僕がやっているバンド「つきのうみ」の
スタジオレコーディングPVが出来上がりました、
今回は「あしおと」、「ゲジゲジ」の二曲、
良かったらぜひにご覧くださいね!


映像はコチラ↓
つきのうみ PV

category: 日々の事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieranmo.blog.fc2.com/tb.php/23-77b813d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。