嘘はときには星降らす

from atelier anmo

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

春の午後  

大好きな場所の一つ、東川口にあるカフェ、senkiya。
このsenkiyaの中にあるatelier&shop sunshine to you!にてliveをして参りました。

こんなに素敵な場所で音楽ができるということ、
これ即ち幸せなことでありまして、
この機会を与えてくだすった、さっちん先生、本当にありがとう。
そして聴いてくだすったお客さんに感謝いたします。

ありがとうございました!

またsenkiyaの二階で行われていた「年賀状展」、
これも素晴らしい企画で、いろんな方の年賀状の中から自分の一枚を見つけた時も
うれしい気持ちになったものでした。

来年も参加できるように、このつながりは大事にしてゆきたいものです。

さて、senkiyaでは最近古本を売り出しており、
今回いろいろ迷った挙句、一冊購入いたしました。

「手品師の帽子」 安野光雅

安野先生は文筆家、画家、そして人として尊敬する人物のひとりであり、
だいぶ昔から、見つける度に少しずつ集めているのですが、
今回購入させていただいたこれ、
相当こころ躍る内容なのであります。

主に絵本を中心に集めていたのが今回は文庫本サイズで
「著者唯一の創作ファンタジー」と記されているので、
迷うことなく購入に踏み切った次第であります。

これを読んでご興味を持っていただいた方には、ぜひとも

「旅の絵本」

シリーズも読んでいただきたいと思っていて、
ていうのは、それは僕が初めてであった安野先生の本だから、というわけではなく
言葉なく読む人に旅の魅力をただただ、伝えてくれる名書だからなのであります。

自分の書いた歌の中に「夜と言葉」なるものがありますが、
自分が「言葉」という存在にぐるぐるしていた時、
何かしらの大切なことをアドバイスしてくれた一冊でもあります。

大切なことは言葉では表現できないかもしれない。

だけれども
だけれども僕は
僕らは、
そこに挑戦していきたい。

目の前のことや
大事なことに

言葉でもってして
寄り添っていきたいと

そんな風に思った次第であります。



category: 日々の事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieranmo.blog.fc2.com/tb.php/14-c13a10b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。