嘘はときには星降らす

from atelier anmo

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最近のこと  

171.jpg

お久しぶりです。

六月から九月にかけて順調にライブが決まりました。
誘ってくれた方、共演してくださる方々に本当に感謝です。
この場をお借りして、本当にありがとうございます。


さて、先日のことであるが、またしても映画館でだいぶ涙してしまった。

「先祖になる」

自分が住んできた家や、町や、地域。
目には見えない大切なものを、
魂と身体で持ってして、全力で守っていく姿。

それを先頭になって、自分が見本となって引っ張っていく一人の老人の力強さ。

町が町としてあり続けるということ、
その場所が人間の暮らす場所で居続けるということ、
言いたいことを声に大にして言うということ、

自分がこれから暮らしていく生活の中で、
すごく大切な要素を伝えてくれた気がする。

スクリーン越しではあるけれど、

僕はあの老人のしわしわになった手を、
若者の手をぎゅっと握りしめる手を、
切った木の切り株にお辞儀をしてから合わせるあの手を、

忘れないだろう。

そして自分のことを考える。

今まで僕らは僕らが住む町や地域、国というものを
自分の声や意思で守ろうとしてきたことが
どれほどあっただろうか?

大切なものを失ってしまったときに、
それに気づくのでは、それはあまりにも切なく
そして悲しいことなんじゃないかと思う。


ある人々は


二年前の地震でいろいろなことがあったにも関わらず、
まだ原発を動かそうとしたり他国に輸出しようとしている。

多くの暮らす人々の首を絞めるような方向に向かう憲法改正を進めようとしたり、
多くの人々の声を聞こうともせずに、過去を振り返ろうともせず、
得体のしれない国益というものや、いらないプライドを引っ提げて
戦争に向かっていこうとする。

今、僕らに必要なことは、

自分たちの暮らしや生活、
これから生きていくなかで、
大切な事とは何なのかを少しでも考えてみたり
触れていくことなのではないかと思う。
そしてそれを声に出してみることなのではないだろうか?

僕らが残していく未来の色に
悲しさや切なさだけではない、
明るい希望も持てるような、
一片の光がさすような、
これからを生きていきたい。


さてさて、六月は素敵な夜になりそうなライブが一本。

最近は蛍が飛び始めているそうです、
蛍ひかる、森のなか そんな幻想的な空間で
演奏させていただくことになりました。

いつも素敵な企画ばかりを催す「peacenic」さんにお招きいただき
ここの蛍はまた、格別に綺麗と評判の「shoku-yabo農園」

僕らの大好きな場所です。
ちょっと足をのばして、どうぞいらしてくださいね。


2013/6/23(sun)

-Peacenic presents-

ちいさな声と かすかな光と
おおきな おおきな おおきな。

「ホタルのよるに。」

at SYOKU YABO農園

18:00 start
21:00 end

投げ銭制

LIVE : the yetis
語りべ : 大村史織
Shop : TOMI (旅するマーサージ屋さん)
Food : 堰谷戸酒場


【ACCESS】

SYOKU YABO 農園
横須賀市芦名2-1700 大楠山登山口入り口
http://syoku-yabo.com/


今回はまた新曲が演奏できるよう、絶賛練習中です。
お楽しみにしていてくださいね。
よろしうどうぞー!

the yetis HP



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。